記事一覧

9月24日 芸協らくごまつり

 日に日に快適度が増していくこの時季。「不快指数」というのがあるのなら「快適指数」というのも作ったらどうか。自宅から駅へ向かう道ではほのかなキンモクセイの香りが、そんな季節の到来を感じさせる。青空の面積も雲の量も適度で、絶好の祭り日和の今日、西新宿での恒例の芸協らくご祭りに出向きました。

01焼き鳥・ビール 02焼きそば 03天むす 04もちもちポテト

↑落語も見ず、余興も(ほとんど)見ず、結局今回は食べてばかり。焼き鳥3本(300円)、生ビール(300円)、焼きそば(400円)、天むす(500円)、もちもちポテト(600円)。


06見世物小屋 07見世物小屋・松之丞 08見世物小屋・松之丞と夢花

↑神田松鯉先生の見世物小屋を見物。案内役に期せずして松之丞さんが登場。若いギャル(←死語)は成金の人気者を喜ぶだろうけれど、見世物のいかがわしさに関しては百戦錬磨の松鯉先生の方が適役かな。こういう怪しい芸も師匠から弟子に継承するものなのだろうか。道化役は三笑亭夢花さん。前見たときは柳亭芝楽さんだったが、スキンヘッドの方が続いているのは偶然か?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント