記事一覧

9月22日 隣町の給水塔

170922b千城台給水塔夜景 170922e千城台給水塔夜景

 もう、何十年と同じ町に暮らし続けてる。私の住む町の隣町は1970年代に開発された、町内には5校の小学校が建つという大住宅街だ。その町のシンボルが巨大な給水塔で、私も小さい頃から見るたびにそのダイナミックさに圧倒されてきた。どうも歳をとるということは感性を鈍らすということらしく、最近はその給水塔にわざわざ目を向ける機会もめっきり減った。本日、クルマでその町のスーパーの屋上の駐車場へ。暗闇にボンヤリ映る姿がなんとも幻影的だったので思わず手持ちのカメラのレンズを向けた。この給水塔はマニアの間では(いるんですね)結構有名だそうで、ゴルフのティーに例えられるそうである。私は子供の頃、テレビアニメ「ハクション大魔王」が大好きであって、この給水塔を見ると、クシャミをして魔王が登場するときに魔法のが横になったり逆さになったりクルクル回ったり、その姿を連想してしまう。昔の人の心象風景と言えば山だったり川だったりするわけだが、こんなコンクリートとアスファルトに囲まれたような町でも人の心にいつまでも焼き付くようなシーンというのはあるものである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント