記事一覧

8月5日 本牧亭講談会@御茶ノ水、辻講釈@両国駅

★★★本牧亭講談会(御茶ノ水・太陽 13時02分開演)

●田辺凌天 鬼小島弥太郎使者
●宝井梅湯 寛政力士伝 小田原遺恨相撲
 横綱・谷風梶之助は強いというだけでなく人格も優れた人物であった。誕生日の酒宴の席で百人程が楽しく語らい合っている。その中での話で、伊豆下田に荒岩大五郎という漁師あがりのめっぽう強い素人相撲の力士がいる。最近、相州小田原では江戸相撲の興行がないが、これは素人の荒岩相手に負けるのが怖くて、江戸の相撲取りたちは来られないからだとの噂が立っていることを谷風は知る。江戸相撲の強さを見せつけなければならないといきり立つ谷風。興行師の相模屋半七に頼み、小田原での3日間の江戸相撲興行が実現した。
 江戸から八十数名の相撲取りが小田原へと乗り込む。興行1日目。大入り満員である。荒岩と対戦する江戸側の力士は鯱(しゃちほこ)。鯱は得意の頭突きで前へと攻めるが、荒岩は体をかわして相手を後ろから勢いよく押すと、鯱は土俵の向こうの彼方へと飛んで行ってしまった。 
 谷風に会いたいと宿泊先へやってきたのは、伊豆下田の漁師、政吉の女房と息子。政吉は素人相撲の力士であった。荒岩は政吉の女房に横恋慕していたが、拒絶されるとその遺恨から政吉を投げ飛ばして殺してしまったと言う。是非政吉の仇を討って欲しいと頼む2人。この2人のためにも益々負けられないと谷風は思う。
 興行2日目。荒岩と対戦するのは雷電。対戦が始まると雷電はもろ手を挙げてバンザイをする。荒岩は雷電の胸に額を付け万全の態勢である。そこで雷電は手を下げて荒岩の両腕をつかみ内側へ力を入れると、荒岩の腕がボキボキと折れる。そして荒岩を横倒しにして雷電は勝利した。雷電の勝利に沸く客席。両方の腕を折られた荒岩はそれから相撲が出来なくなり、以後不遇の身となる。雷電の屈強さと谷風の義侠心はいつまでも讃えられるのであった。
●神田すず 左甚五郎 竹の水仙
 <仲入り>
●鈴々舎八ゑ馬 新作ショート落語「師匠の不倫」
 ある落語家の師匠。今度、弟子が取材を受け、師匠の事について話す機会があるのだが、いかに自分がすばらしい師匠であるか、取材者の質問に対して自分の言うとおりに答えるよう言いつける。しかし取材者の質問と弟子の返答がかみ合わず、まるで今話題の芸能人のスキャンダルみたいな話になってしまう。
 〃 親子酒
●神田春陽 徳川天一坊 龍の夢
 自らを将軍吉宗公の御落胤だと公言する天一坊。権謀術策を使い、世の要人たちもそれが真実だと認めつつある。しかし南町奉行・大岡越前忠相は、天一坊の悪相からこの男は真の御落胤ではないと見抜いていた。越前は白石治右衛門・吉田三五郎の両名を紀州へ送り込み天一坊の正体とこれまでの悪事を突き止めることができた。
 越前は治右衛門を天一坊の宿舎へ使者として送る。応対に出た山内伊賀之助に天一坊は将軍様の御落胤と認められたとして、明日、越前の役宅へ向かった後の天一坊の段取りを伝える。長い間吉宗公のの御落胤だと偽り将軍家の乗っ取りを謀ってきたがこれで大願成就。徳川の天下は俺のものだとほくそ笑む伊賀之助。しかし治右衛門の方も嘘を付いていた。天一坊らの陰謀はすでに露見しており、一味を捕らえる段取りは着々と進んでいる。
 夜、天一坊らは能を観劇する。今まで自分らの悪事が発覚しないかと恐れ気が張っていたが、明日はついに企みが結実するということで気が緩んでいる。もとより武士でなく能の心得が無い天一坊は、居眠りを始め夢を見る。目を覚まし、大森弾正に今みた夢の占いをしてもらう。海で釣りをしていてふと水面に顔を写すと額に角(つの)が生え龍のような面体になっていた、将来将軍職を担う者がこのような面相では具合が悪いと、その角をへし折ってしまった、こういう夢であったという。大森弾正は古来、中国では龍は君主の例えでそれは吉夢だと言う。まわりの者は天一坊と共に喜び、祝う。
 しかしただ一人、天一坊らの相貌を見渡した伊賀之助は、大岡越前に陰謀を見破られたことに気付いた。伊賀之助は部屋に戻り一人酒を飲む。そこへ酔っぱらった赤川大膳が入って来た。伊賀之助は大膳に語る。天一坊は龍は龍でも角の無い「駄龍(だりゅう)」であり生涯昇天できず水面に落ちてしまう。天一坊とその一味には死相が出ている。陸も海も天一坊らを捕らえるための手配りが既に済んでいるだろう。自分ら2人は人を殺してはいないので切腹で事足りるだろう。翌朝、2人は病気だということで天一坊との同道を断った。何も知らない天一坊と2人の共謀者は越前の役宅へ向かい、いよいよ天一坊お召し捕りということになる。
(15時34分終了)


★★★辻講釈を楽しむ会(両国江戸NOREN 土俵前 18時03分開演)

●宝井梅湯 寛政力士伝 小田原遺恨相撲
●宝井琴柑 那須与一扇の的
●宝井琴梅 四谷怪談 お岩誕生
 (19時27分終了)

講談の情報ページ『講談るうむ』はここをクリック


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント