記事一覧

7月16日 梅湯講談会@駒込、凌鶴の会@新宿永谷

 朝からいろいろ慌ただしかった一日。帰りのバスの中ではグッタリ。

★★★第7回 宝井梅湯講談会(駒込落語会 14時03分開演)

●宝井梅湯 髪結新三
 <仲入り>
●宝井梅湯 関東七人男 猪之松の生い立ち
●宝井梅湯 宇治川先陣争い
 (15時52分終了)


★★★新宿田辺凌鶴の会(永谷フリースタジオFu-+ 18時30分開演)

●田辺凌天 於竹如来
●田辺凌鶴 雲右衛門の墓
 浪曲協会の副会長であった澤孝子先生。ふとしたことから浪曲中興の祖である桃中軒雲右衛門の墓が、無縁仏になってしまうかもしれないという話を聞く。品川にある寺を訪ねた澤孝子先生らは、事情を良く知らない新しい住職に雲右衛門の偉大な足跡を熱く語る。
 <仲入り>
●田辺凌鶴 福澤桃介
 福澤諭吉の次女である房(ふさ)を妻に持ちながら、諭吉の敷いたレールには乗らなかった福澤桃介の波乱の人生の物語。偉大なる義父・諭吉との確執。桃介18歳の時、恋に落ちた芸妓・小奴との後々の数奇な巡りあわせ。株相場で利益を得、様々な事業に投資しながら、ついには水力発電で鉱脈を掘り当て、のちには「電力王」と呼ばれるようになる。
 (20時11分終了)

講談の情報ページ『講談るうむ』はここをクリック


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント