FC2ブログ

記事一覧

1月5日 講談協会初席 楽日@日本橋亭

 本日はすずさんの案内の元、日本橋近辺の七福神巡りした一行様が上手側後方の席を占める。今年一年良い事がありますようにと、新年のなごやかな寄席のムードに場内は包まれる。

★★★講談協会初席 楽日(お江戸日本橋亭 12時50分開演)

●田辺凌天 三方ヶ原軍記
●神田すず ダンロップ先生 タイヤの誕生
 ▽19世紀、アイルランド・ベルファストの街で獣医のジョン・ボイド・ダンロップは動物病院を開業する。往診での移動に自転車を利用するが、当時の自転車は木の車輪を使っておりガッタンゴットンと激しく揺れる。車輪に布を巻くなどいろいろ工夫をし、医療用の道具であるゴムのチューブを使うことを思いつく。乗り心地は劇的に改善され、これが評判になって次第に広まっていく。その後発明される自動車にゴムに空気を入れた車輪「タイヤ」は採用され、現在では交通・物流が高度に発達した社会をまさに「足元」から支えている。
●神田山緑 出世馬喰 加藤孫六
●一龍斎貞寿 真柄のお秀
●宝井一凛 曲馬団の女
●桃川鶴女 行基菩薩
 ▽本日のこの高座がネタ下ろしだとのこと。今年3月2日に行基に縁の深い奈良・薬師寺で口演する予定で、これから何回か掛けて徐々に話を練っていくそうです。
 西暦でいう677年、河内国大鳥郡でのちの行基は生まれる。幼いうちから利発な子供で祖父、父親が亡くなった後、13歳で仏門に入る。2年間の寺での見習いを経て、飛鳥寺へ。本格的な仏法の修行を積む。当時の仏教は国の庇護の元で国家安泰を祈り、僧侶は寺の中に留まっているものだった。しかし行基は民にも御仏の有難さを教えなければならないと、寺を去り布教の旅に出る。貧しい人たち、病で苦しむ人たちに正しい仏の道を説く。それだけでは無く、行基は川には橋を架け、道を造り、各地に国分寺を建立して民衆のために尽くしたという。
 <仲入り>
●一龍斎春水 伊達の堪忍袋
●田辺南北 (名古屋にまつわる話)
●一龍斎貞水 赤穂義士銘々伝 倉橋伝助
 ▽数ある「赤穂義士銘々伝」の話の中でたまに掛かる話。私は過去に2度ほど若手の方で聞いたであろうか。正月公演最終日のトリ、貞水先生の高座で約1時間みっちり。
 ◇大目付である長谷川丹後守には金三郎という次男の息子がいる。金三郎は女遊びに呆ける毎日でついには勘当され、京橋の小野屋という表向きは魚屋、実はバクチ場に身を寄せる。ある日のこと賭場で、金三郎の隣の席に五十年輩の男が座る。男は金三郎の姿を見ると、正体は身分ある方だと見抜き、このような場にいるべき方ではないと考える。金三郎に10両を渡し、この金で真っ当な仕事をしてくれ、上総街道の先に長南(ちょうなん)という所がありそこに浅野源太という男がいるのでその者を頼っていけと告げる。
 10両という金を貰った金三郎だが遊びに使ってしまい、あっという間に所持金が二分にまで減る。先の男の言葉に従い上総長南を訪れるが、夜になって泊まるべき旅籠も見つからず、髪結床の軒下で寝てしまう。主人の「いかり床」権次が店先で寝ている金三郎を見つけ起こす。当初は不審に思っていた権次だが、金三郎が浅野源太という者を訪ねてきたと言うと、喜んで家の中に招き入れる。権次は金三郎のことについて事前に源太から聞かされていたのだ。あいにくと源太は京、大坂への旅に出ており当分の間は帰ってこないと言う。金三郎は権次に勧められこの家に厄介になる。権次は店の手伝いをさせ、最初は井戸の水汲み、そして髭剃りの練習をさせるがこれが実に上手い。上手いはずで金三郎は勘当される前、将軍様の髪や髭を整える役を言い使っていたことがあったのだ。金三郎が店にでるようになると、男っぷりが良くて仕事が上手いので店の評判は上がる。権次にはかつて2人の息子がいたのだが、両名とも若くしてこの世を去っている。また、横丁のお梅坊が金三郎に恋心を抱いている。ある日権次は金三郎に、お梅坊を嫁に迎え夫婦でこのいかり床を継いで貰えないかと頼む。自分は武士の身分である。それは勘弁願いたいと、金三郎はこれまでの身の上を話す。権次と妻は、婿養子になってくれるものだと期待していたが、そんな自分たちが愚かだったと涙する。
 権次の勧めで金三郎は江戸へ帰ることになる。江戸で口入れ屋をしている者の紹介を受け、その伝手で鉄砲洲の浅野内匠頭長矩の屋敷に足軽として住み込む。金三郎は素性は知れぬよう、母方の姓を使い「倉橋伝助」と名乗った。この新参者の倉橋は大変な弓術の巧者で家中で一番という腕である。さっそく足軽から士分に取り立てられることになったが、その際身分や過去の役職を記した書面を提出しなければならず、これに偽りを書くわけにはいかない。内匠頭は伝助を呼び付け、なぜ長谷川丹後守という身分ある者の子息なのに名を偽っていたのかをの聴き尋ねる。事情を知った内匠頭は、伝助こと金三郎を長谷川の屋敷へ使者として送り親子対面が叶うよう取り計らう。屋敷で応対に出た御用人の佐藤重兵衛は金三郎が幼いころから世話を受けた者である。「あなたは金三郎様」と久しぶりの若様の姿を見て重兵衛は泣く。金三郎は丹後守の御前に出る。次の間で金三郎の母親と兄がこの様子を見ており「今のは金三郎では」に問う。「他人の空似であろう」と丹後守は取り合わないが、袂は涙で濡れている。
 数日後、内匠頭の助力があって丹後守と金三郎は親と子としての対面が叶う。内匠頭から深い恩義を受けた金三郎は、その後赤穂四十七士の一人として主君の仇討ちに加わるのであった。
 (16時24分終了)

180105a講談協会初席

講談の情報ページ『講談るうむ』はここをクリック

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント