FC2ブログ

記事一覧

2月22日 貞水連続講談「仙石騒動」@湯島天神

★★★一龍斎貞水連続講談の会(18時31分開演 湯島天満宮参集殿2階)●一龍斎貞橘 明智左馬之助 湖水乗り切り●一龍斎貞友 夜もすがら検校 <仲入り>●一龍斎貞水 仙石騒動 神谷転(うたた)箱根湯本三枚橋で襲われる ◇但馬国出石藩5万3千石の城代家老、仙石左京は我が息子の小太郎を次の藩主にしようと、現在の殿である仙石美濃守を亡き者にしようと企む。参勤交代で国元から江戸へと向かう途中、美濃守が口にする物に毒を盛る。...

続きを読む

2月18日 新宿田辺凌鶴の会

★★★新宿田辺凌鶴の会(18時30分開演 永谷フリースタジオ新宿Fu-+)●田辺凌天 鬼児島弥太郎使者●田辺凌鶴 西郷隆盛(3)お由良騒動 ◇薩摩藩の藩主、島津斉興(なりおき)の後継を巡り、正室の産んだ長男、斉彬(なりあきら)を推す一派と、側室であるお由良の方が産んだ久光を推す一派で争いが起きる。斉彬は聡明で開明的な思想を持ち、久光は温和で変化を求めない考えの持ち主である。斉彬側の先頭に立つのは島津壱岐、一方久光を...

続きを読む

2月17日 本牧亭新鋭講談会@御茶ノ水

★★★本牧亭新鋭講談会(13時04分開演 御茶ノ水・太陽)●田辺いちか 三方ヶ原軍記●一龍斎貞橘 源平盛衰記 保元の乱(2)椿西八郎●田辺一邑 徳川家康 決戦関ケ原●神田阿久鯉 村井長庵 長庵、藤掛道十郎に罪を着せる ◇これからまた村井長庵を主人公にした話に戻る。駿州江尻の生まれの村井長庵は百姓の仕事を嫌って江戸へ出て、平河町に医者の看板を揚げる。元より医術の学は無く、ゆすり・たかりと悪事を繰り返しながら日々を送っ...

続きを読む

2月16日 講談協会 日本橋亭夜席

★★★講談協会 日本橋亭夜席(お江戸日本橋亭 17時30分開演)●神田伊織 岩見重太郎 ヒヒ退治●一龍斎貞奈 塚原卜伝 無手勝流●田辺凌天 三方ヶ原軍記●神田すず 遠藤喜左衛門の憂鬱●田辺凌鶴 紅緒の草履(四代目市川小団治出世物語) ◇天保年間の話。上方屈指の名優「嵐璃かく(りかく)」の一座は、大坂道頓堀・増田座で仮名手本忠臣蔵を通しで上演している。五段目・山崎街道の場面。夜闇の山道で璃かく演じる早野勘平が舞台に...

続きを読む

2月15日 講談協会 日本橋亭夜席

★★★講談協会日本橋亭夜席(お江戸日本橋亭 17時36分開演)●神田伊織 三方ヶ原軍記●一龍斎貞奈 姉川軍記 木村又蔵鎧の着逃げ●田辺一乃 喜連川の鮎釣り公方●宝井琴調 寛政力士伝 小田原遺恨相撲●宝井琴梅 出世の白餅 <仲入り>●神田すみれ 赤穂義士外伝 天野屋利兵衛●一龍斎貞山 文化白浪 狂歌小僧 ◇江戸末期文化年間の話。江戸・大川橋のたもとで2人の駕籠屋が客待ちをしている。そのうちの一人、甚兵衛の11歳になる息子...

続きを読む

2月13日 日本講談協会・講談新宿亭

 みのり改メ紅純さんは本日はまだ前座としての出演。18日の上野広小路亭での定席で正式に二ツ目昇進になるようだ。本日の演目「三方ヶ原」は前座生活の締め括りとして選んだのかも知れない。★★★日本講談協会定期公演 講談新宿亭・夜席(新宿永谷ホールFu- 17時30分開演)●神田桜子 八百屋お七(前半)●神田紅純 三方ヶ原軍記●神田真紅 南総里見八犬伝 犬塚信乃●神田蘭 樋口一葉(前半)●神田鯉風 寛永宮本武蔵伝 狼退治●神田...

続きを読む

2月7日 神田織音独演会@落語カフェ、三商講談会@清澄庭園

 落語カフェでの織音さんの独演会は昨年から始まったとのことで、これからも年3回のペースで開く予定だとのこと。今回のテーマは「好敵手」、つまりはライバル。★★★神田織音独演会~昼下がり鬼の居ぬ間の講談会~(落語カフェ 14時03分開演)●神田織音 名僧雲居禅師 <織音さんから今後の出演予定の紹介>●神田織音 塙保己一 出世競べ (15時28分終了)★★★三商講談会(清澄庭園・涼亭 17時45分開演) 久しぶりの涼亭での「...

続きを読む

2月4日 地図の勉強会で発表

 本日、八王子市内の公民館で私の参加する地図の勉強会での発表。4月に開催予定の巡検の予習で、今回のテーマは「赤羽・川口」。新荒川大橋を渡って東京都と埼玉県の両方を巡ろうという盛り沢山のコースで、発表後に会の方から「そんなに歩けるのか」という懸念の声もチラホラかかる。川口の方はあきらめて、赤羽のみをより詳しく巡るコースを再考しなければならないか。★★★赤羽の変遷 明治初期までは純然たる農村地帯で、低地は...

続きを読む

2月3日 本牧亭講談会@御茶ノ水、「おやこで楽しむ講談入門」GET

★★★本牧亭講談会(御茶ノ水・太陽 13時00分開演)●一龍斎貞奈 三方ヶ原軍記●宝井梅湯 快男子 仁礼半九郎の恋●神田すず 播州縞の由来 女切(おなきり)峠▽兵庫県加西市に伝わる民話を宝井琴星先生が講談として再構成した話。◇播州の山里、上万願寺村での話。機織りの名手、テルには庄屋の息子の源四郎という許嫁がいる。テルの元には京の都から、音羽屋の市兵衛という男がしばしば仕事を依頼しに来る。いつしかテルと市兵衛は恋...

続きを読む

2月1日 はなぶさ会@日本橋亭

★★★はなぶさ会(お江戸日本橋亭 12時50分開演)●田辺凌天 一休禅師 鍵屋の棟札●田辺いちか 三方ヶ原軍記●宝井梅湯 名月若松城 ▽昨夜の皆既月食はいろいろ珍しい点が重なり、NASAでは「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」と命名したそうだ。梅湯さんはそれを考慮してこの演目を選んだのであろうか。●神田山緑 左甚五郎のうち三井の大黒 ▽先日仕事で山梨県南アルプス市を訪れる。同市は妹弟子である神田こなぎさんの故郷で...

続きを読む