記事一覧

二代目神田山陽先生出演映像が放送される

 その昔、NHK総合テレビで日曜日の夜に「お笑いオンステージ」という番組が放送されていましたが、人気番組だったのである程度以上の年代では記憶にある方も多いと思います。私も小学生の頃、この番組をお茶の間で家族一緒に見ていました。 その中の後半のコーナー「減点ファミリー」で二代目神田山陽先生が出演された回の映像が、先の8月27日に「あの日あのときあの番組」という過去の懐かしの映像を放映する番組でオンエアされ...

続きを読む

8月27日 武蔵国分寺史跡巡り

 中央線の国分寺駅は学生時代3年間、乗換駅として利用したのですが、駅から改札口を出て街中を歩いたのはおそらく数度、食事のためかレンタルビデオ屋に立ち寄るか、そのくらいでした。毎日、漫然と日々を過ごしていたあの頃。駅の名の通り、武蔵国の国分寺が所在する地なのに、そこへ行かないとはなんとももったいない時間の使い方をしていたのだろうと今さらながらに思います。 そして昨日、朝と夜の講談会の合間に、長年の時...

続きを読む

8月27日 朝練講談会、凌鶴 ザ・ベスト@新宿

 風邪の症状はかなり和らいできたものの、まだ旅行に行けるほどでは無いということで、本日は朝と夜に講談を聴き、日中はお手軽に都内の史跡巡りをして1日を過ごしました。★★★朝練講談会『前座勉強会』(お江戸日本橋亭 9時20分開演)●田辺いちか 龍馬とおりょう ◇慶応2年1月。京都・伏見の倒幕を目指す志士の集う寺田屋。坂本龍馬は三吉慎蔵にこの宿の女中のおりょうと夫婦になりたいと語るが、三吉は「あんな気の強い女は...

続きを読む

風邪をひきました

 人間は過去の失敗からそれを教訓に2度と繰り返すまいと学習のできる生き物である。が、愚かな失敗をして何が原因でなにがいけなかったのか分かっていながら、また同じ失敗を繰り返すというのも人間の偽らざる一面である。 毎年、この時季になると必ずといっていいほど風邪をひく。クーラーを付けたまま寝込んでしまい体調を崩してしまうのだが、今年もやってしまった。鼻がつまり物事に全然集中できない。と思ったらゲホゲホひ...

続きを読む

8月20日 朝練講談会、凌鶴の会@新宿

★★★朝練講談会(お江戸日本橋亭 9時31分開演)●神田すず 遠山金四郎 源蔵の恋●宝井琴柑 出世馬喰 (10時56分終了)★★★新宿田辺凌鶴の会(新宿永谷スタジオ 18時31分開演) いつもは8階の部屋で開催される会なのだが、今日はエレベーターが工事中ということで同じビルの1階に変更。●田辺凌天 天人阿国●田辺凌鶴 牡丹燈記 <仲入り>●田辺凌鶴 ゴジラに入った男 中島春雄 (20時26分終了)...

続きを読む

8月19日 新鋭講談会@御茶ノ水

 今日は貞橘先生が休演で、琴調先生が代演。★★★新鋭講談会(御茶ノ水・太陽 13時02分開演)●田辺いちか 三方ヶ原軍記●神田山緑 鼠小僧次郎吉 しじみ売り●田辺一邑 関ヶ原合戦 小山評定●神田阿久鯉 村井長庵 久八の放逐 <仲入り>●田辺鶴遊 甲斐勇吉 メリーからの求婚●宝井琴調 天保水滸伝 平手の駆け付け (15時55分終了)...

続きを読む

8月18日 日本講談協会定席@広小路亭、講談協会定席@日本橋亭

 このブログで「あらすじ」を書くために、客席でシコシコとメモを取っていたのですが、そういう行為が気になる演者の方もいらっしゃるかも知れないという事で、「あらすじ」をここに記すのは中止して、これからは演者名、演目だけ掲載する事にします。★★★日本講談協会定席(お江戸日本橋亭 12時21分開演)●神田桜子 安政三組盃 繁蔵の出世(序)●神田みのり 寛永宮本武蔵伝 闇討ちの半ば●神田紅佳 巴御前●神田真紅 名月若松城...

続きを読む

8月17日 講談協会定席 日本橋亭講談夜席

★★★講談協会定席 日本橋亭講談夜席(お江戸日本橋亭 17時30分?開演)●神田伊織 岩見重太郎 ヒヒ退治●宝井琴屯 三方ヶ原軍記●田辺いちか 御子神典膳●神田こなぎ 手裏剣お花●田辺鶴遊 吉備大臣入唐記(きびだいじんにゅうとうき) 奈良時代の初めの頃の話。日本の国のためにどうしても入手したい唐(もろこし)の2冊の書物があった。それは暦について書かれた書物であり、唐の進んだ文化を取り入れるためにはどうしても必要...

続きを読む

8月16日 三日連続読みの会@王子・北とぴあ(第3日目)

★★★三日連続読みの会(王子・北とぴあ カナリアホール 10時00分開演)●神田山緑 山県大弐の生い立ち 山県大弐の思想は後の世の倒幕運動のさきがけとなり、吉田松陰も彼の考えを受け継いだものであり、これが明治維新へと繋がる。 享保年間のこと、後に山県大弐の養父になる九十郎は、200人以上の子分を抱える侠客で岐阜の五人男のうちの一人である。祖先は武田信玄の家臣である山県三郎兵衛尉昌景であるという。50歳を過ぎてヤク...

続きを読む

8月15日 すず&銀冶@王子・北とぴあ

 今日は終戦記念日。日本人として特別な一日である。会場のある王子「北とぴあ」の入口前には、長崎の平和祈念像と同じ型をした像(大きさは実物よりずっと小さい)が設置されている。この像の制作者の北村西望氏が北区の名誉区民であったことが縁で1990年に建立されたものだそうだ。★★★三日連続読みの会(王子・北とぴあ14階カナリアホール 10時02分開演)●田辺銀冶 誰か故郷を想わざる 昭和53年のこと、この年の夏の暑さは殊...

続きを読む