記事一覧

7月30日 朝練講談会、日本講談協会定席@広小路亭

★★★朝練講談会(9時32分開演 お江戸日本橋亭)●一龍斎貞鏡 左甚五郎 水呑みの龍●旭堂南左衛門 賤ヶ岳の合戦 (10時37分終了)★★★日本講談協会定席(12時25分開演 上野広小路亭) 今日は先日亡くなった神田紅葉先生の告別式だということで、演者の皆さんもやりにくそうでした。前座の紅佳さんはお葬式のお手伝いのため休演。●神田桜子 秋色桜(前半)●神田みのり 寛永宮本武蔵伝 玄達と宮内●神田松之丞 日本名刀伝 正宗の婿...

続きを読む

7月29日 講談貞橘会、琴調・南左衛門二人会@カフェ

★★★講談貞橘会(13時31分開演 らくごカフェ)●田辺いちか 三十三間堂誉れの通し矢●一龍斎貞橘 小猿七之助●旭堂南左衛門 長短槍試合 <仲入り>●一龍斎貞橘 天保六花撰 三千歳・直次郎の密会 吉原大口楼の三千歳と片岡直次郎は思い思われる仲。三千歳は廓抜けをし、直次郎の兄貴分である宗俊の元に身を寄せる。宗俊は2人を添わせたいと思う。宗俊の入れ知恵により、三千歳の客の一人である森田屋清蔵に身請けの金を出させて...

続きを読む

7月27日 講談協会定席@広小路亭

★★★講談協会定席 広小路亭講談会(お江戸広小路亭 12時30分開演)●神田伊織 三方ヶ原軍記●宝井琴屯 水戸黄門道中記 大河原の決闘の前段●田辺凌天 矢取勘左衛門●宝井琴柑 曽我物語 源氏の挙兵 河津三郎祐泰(すけやす)は所領の遺恨から工藤祐経(すけつね)に殺される。祐泰には妻のお満と一萬丸、箱王丸という2人の息子がいた。妻と子は遠縁である曽我太郎祐信(すけのぶ)に引き取られた。 祐泰の父親である伊東祐親(すけ...

続きを読む

7月26日 講談協会定席@広小路亭、三商講談会@清澄庭園

 昼間の定席。天気予報がはずれ雨がなかなか降りやまない日。場内はなんとなくドヨンした雰囲気。演者の方々の話は地味目なものが多い。まぁこういう時もある。★★★講談協会定席 広小路亭講談会(お江戸広小路亭 12時35分開演)●神田伊織 源平盛衰記 青葉の笛●一龍斎貞奈 姉川軍記 木村又蔵鎧の着逃げ●田辺いちか 三方ヶ原軍記●田辺銀冶 古事記 木花咲耶姫●一龍斎貞橘 金毘羅利生記 田宮源八郎金毘羅船●宝井琴桜 二本松少年...

続きを読む

7月24日 貞水連続講談の会「仙石騒動」@湯島天神

★★★一龍斎貞水連続講談の会「仙石騒動」第3席(18時32分 湯島天満宮参集殿)●一龍斎貞友 一休さんの子供時代 頓智問答●一龍斎貞橘 義経と勇敢な仲間たち <仲入り>●一龍斎貞水 仙石騒動 第3席「神谷転 江坂七郎の住まいを探す」 麻布飯村四辻で、対立している仙石播磨守と相良遠江守の両者の行列が遭遇。仙石の供頭神谷転(うたた)と相良の供頭江坂七郎があわや斬り合いというところになるが、薩摩藩士、菱川重兵衛の仲裁が...

続きを読む

7月20日 太陽前座講談会@御茶ノ水

 貞橘先生が主導して、講談協会の5人の前座さんが集結。終演後はお客さん差し入れのスイカを演者の皆さんとおいしく頂きました。★★★太陽前座講談会(14時30分 御茶ノ水・太陽)●神田伊織 岩見重太郎 ヒヒ退治●一龍斎貞奈 塚原卜伝 無手勝流●宝井琴屯 水戸黄門道中記 台ヶ原の決闘●田辺凌天 於竹如来●田辺いちか 蟹五左衛門●一龍斎貞橘 黒田節の由来 (16時16分終了)講談の情報ページ『講談るうむ』はここをクリック...

続きを読む

7月19日 講談協会定席 日本橋亭夜席

★★★講談協会定席 日本橋亭夜席(お江戸日本橋亭 17時31分開演)●神田伊織 源平盛衰記 青葉の笛●宝井琴屯 三方ヶ原軍記●田辺凌天 塙団右衛門 加藤左馬助との出会い●神田すず 爆烈お玉 三泥棒の出会い●一龍斎貞寿 黒田節の由来●一龍斎貞橘(一龍斎貞友の代演) 源平盛衰記 義経と勇敢な仲間たち <仲入り>●田辺鶴遊 名医と名優●宝井琴調 四谷怪談 お岩誕生 (20時38分終了)講談の情報ページ『講談るうむ』はここをクリッ...

続きを読む

7月18日 講談協会定席 日本橋亭夜席

 一日中東京の街を歩き回り、汗でぐっしょり、身体はクタクタ。そんな中訪れた定席は、4人の真打の先生、すべて初めて聞く話で気がまったく抜けなかった。★★★講談協会定席 日本橋亭夜席(お江戸日本橋亭 17時31分開演)●一龍斎貞奈 弁慶と牛若 五條の橋の出会い●宝井琴屯 千葉周作 事の起こり●田辺いちか 三方ヶ原軍記●一龍斎貞鏡 左甚五郎伝 昇天の龍●宝井一凛 池田一心斎 吉原総見 松平定信の質素倹約を旨とする「寛政の...

続きを読む

7月17日 朝練講談会 真夏の怪談読みの会

 開演とほぼ同時に、客席前方の客のカバンの中から盆踊り(?)の曲のようなメロディが流れる。初っ端から調子を狂わされ、前講の凌天さんもやりにくかったろう。★★★朝練講談会 真夏の怪談読みの会(お江戸日本橋亭 9時20分開演)●田辺凌天 吉岡治太夫と搗米屋清十郎●一龍斎貞弥 江島屋のうち恨みの裾模様●神田春陽 四谷怪談 お岩誕生 (10時48分終了)講談の情報ページ『講談るうむ』はここをクリック...

続きを読む

7月16日 梅湯講談会@駒込、凌鶴の会@新宿永谷

 朝からいろいろ慌ただしかった一日。帰りのバスの中ではグッタリ。★★★第7回 宝井梅湯講談会(駒込落語会 14時03分開演)●宝井梅湯 髪結新三 <仲入り>●宝井梅湯 関東七人男 猪之松の生い立ち●宝井梅湯 宇治川先陣争い (15時52分終了)★★★新宿田辺凌鶴の会(永谷フリースタジオFu-+ 18時30分開演)●田辺凌天 於竹如来●田辺凌鶴 雲右衛門の墓 浪曲協会の副会長であった澤孝子先生。ふとしたことから浪曲中興の祖である桃...

続きを読む