FC2ブログ

記事一覧

2月7日 講談はなぶさ会(主任:凌鶴)

★★★講談 はなぶさ会(12時49分開演 お江戸日本橋亭)●田辺凌天 お竹如来●田辺いちか 湯水の行水●宝井梅湯 新吉原百人斬(3)次郎吉の故郷帰り ◇【あらすじ】野州佐野の犬伏というところに焼金(やきがね)の鉄蔵という目が明かしがおり、ここの家に居候をしていたのが、小松原という医者の家の総領息子で名は次郎吉。バクチが好きで周りから意見されても聞かず勘当ということになる。次郎吉は鉄蔵の娘、お信を連れて江戸に出て...

続きを読む

2月2日 本牧亭講談会(主任:一乃)

★★★本牧亭講談会(13時02分 御茶ノ水・太陽)●田辺凌天 義満と一休●神田こなぎ 出世証文●神田すず 相馬大作 檜騒動から安房小湊・誕生寺まで <仲入り>●鈴々舎八ゑ馬 親子酒●田辺一乃 野球大統領 ◇【あらすじ】 1910年、明治でいうと43年のこと、ボストン・レッドソックスのウッド監督はナショナル・リーグの会長になっていた。もっと老若男女に野球を広めたいと、国民的人気のあるタフト大統領を始球式の投手として招待...

続きを読む

1月24日 一龍斎貞水連続講談の会「宇都宮釣天井(1)」

★★★一龍斎貞水連続講談の会「宇都宮釣天井(第一席)」(湯島天満宮 参集殿 18時29分開演)●一龍斎貞橘 伊賀の水月 戸塚焼餅坂 鷲津七兵衛との出会い●一龍斎貞友 豊竹呂昇(とよたけろしょう) ◇【あらすじ】明治の中頃の話。名古屋の大須観音境内裏に七福亭という寄席があった。掛かっているのは女流義太夫で、竹本小土佐(たけもとことさ)が大層な評判である。その前方を務めていたのが、駆け出しの竹本仲路(なかじ)である。...

続きを読む

1月20日 新宿田辺凌鶴の会@永谷新宿Fu-+

★★★新宿田辺凌鶴の会(18時32分開演 永谷新宿Fu-+)●田辺凌天 天人阿国●田辺凌鶴 西郷隆盛(14~15)無血開城~大団円 <仲入り>●田辺凌天 山内一豊の妻 出世の馬揃え●田辺凌鶴 近衛秀麿(このえひでまろ) ◇【あらすじ】近衛秀麿は1898(明治31)年、公爵近衞篤麿(あつまろ)の次男として東京に生まれる。兄は戦前3度にわたり首相を務めた近衛文麿である。近衞家は五摂家の筆頭であるが、父篤麿からは家柄などは関係ないと厳...

続きを読む

1月19日 宝井梅湯講談会@駒込(古市十人斬ほか)

★★★宝井梅湯講談会(駒込落語会 14時00分開演) 先月は当会に来られなかったので、速記本から前回分を書き起こしました。(その7)【源三郎召捕り】 源三郎は姫路に真影流剣術の道場を開いたものの、3ヶ月経っても4ヶ月経っても入門する者は現れない。ある日、二里ほど離れた広大寺村の郷士、広大寺三郎右衛門の手代で重兵衛という者が訪ねてくる。試しで2人が立ち合ってみると、重兵衛はたちまち打ち込まれてしまう。三郎右...

続きを読む