記事一覧

10月11日 メディアセブン寄席@川口

★★★メディアセブン寄席(川口キュ・ポラ7階 メディアセブン 19時02分開演)●林家彦星(正雀師匠のお弟子さん)元犬●田辺一邑 豊田佐吉 ◇大政奉還の年の1867年、浜名湖のほとりの吉津村で生まれた豊田佐吉。父は伊吉という大工。母は「ゑい」という名で機織りをしている。佐吉は幼い頃から、機織り機の仕組みに熱心に見入るような子供であった。紡績の方は明治10年、信州の臥雲(がうん)先生が発明した機械により自動化が進んで...

続きを読む

10月8日 朝練講談会「講釈野郎」(春陽&貞橘)

★★★朝練講談会(お江戸日本橋亭 9時30分開演)●神田春陽 荒神山の間違い 蛤茶屋 ◇伊勢の富田の町は蛤が名物で、これを扱う茶屋がたくさんある。その中の一軒に「みすじ」という店があり、お琴という18歳になる一人娘がいる。このお琴に惚れたのが、穴太(あのう)徳次郎の身内で上州無宿の熊五郎という男。彼はすでに40歳を超えている。熊五郎はこの日も女目当てでみすじの店を訪ねるが、お琴は留守である。白子の観音にお参りで...

続きを読む

10月7日 朝練講談会(貞寿&梅湯)

★★★朝練講談会(お江戸日本橋亭 9時30分開演)●宝井梅湯 関東七人男 お会式バクチ ◇甲州街道八王子の横山宿。柏屋という小料理屋の座敷。藤蔵、周作という2人の子分とともに、赤尾村の林蔵は酒を飲んでる。そこへ隣部屋のお武家が一人、手水場帰りに部屋を間違えて入って来た。そのお武家は秋山陽介という、林蔵がかつて教えを受けた剣術の先生であった。林蔵は高萩の猪之松を斬り殺し、村へは2、3年帰れない。伝手を頼って伊...

続きを読む

10月5日 はなぶさ会@日本橋亭

★★★はなぶさ会(お江戸日本橋亭 12時40分開演)●宝井琴屯 酒呑童子●田辺凌天 義満と一休●田辺いちか 溝口半之丞と幽霊●宝井梅湯 関東七人男 身延の喧嘩 ◇10月12日から13日に甲州・大野の町の本遠寺(ほんのんじ)開かれるお会式バクチ。ここは徳川家康の側室であるお万が建てた寺でお万バクチとも呼ばれている。役人も黙認し日中からおおっぴらに出来るバクチということで日本全国から親分衆が集まる。この日は大野の町にとっ...

続きを読む

9月30日 栃木県佐野市 ぷらざ寄席

 縁あって、栃木県佐野市にてアマチュアで落語を演じている方が主催する会を観覧させていただきました。復活した桂しん乃さんの高座を見るのは初めて。★★★ぷらざ寄席(佐野市・加藤クリニックプラザ 17時02分開演)●桂しん乃 狸の恩返し●田辺凌天 野球大統領●プラザ亭一夜 代書屋 <仲入り>●柳家喬の字 権助芝居●一龍斎貞橘 黒田節の由来 (18時46分終了)...

続きを読む