FC2ブログ

記事一覧

7月13日 凌鶴独演会@道楽亭

★★★これが凌鶴あれも凌鶴・田辺凌鶴独演会(14時02分開演 新宿・道楽亭)●田辺凌鶴 蒲生三勇士 村上大助の誕生●田辺凌天 一休禅師 鍵屋の棟札●田辺凌鶴 伝説のダービージョッキー前田長吉 ◇【あらすじ】前田長吉は大正12年、青森県三戸郡是川村(現在の八戸市)に生まれる。八人兄弟の七番目の子であった。家は馬を生産する農家であった。子供のころから馬に親しんで育つ。昭和10年、尋常小学校を卒業すると八戸産馬組合に入り...

続きを読む

7月12日 すず勉強会@日本橋亭

★★★神田すず勉強会(お江戸日本橋亭 13時02分開演)●神田伊織 山中鹿之助 妖怪退治●神田すず 笹野権三郎 宮本武蔵との出会い ◇【あらすじ】紀州・和歌山で種田五郎左衛門に父を殺された笹野権三郎。上州・高崎に五郎左衛門がいることを突き止めるが、すんでのところで逃げられてしまう。戸塚宿の宿屋に質草として捕らわれていた妹のウメも何者かにさらわれてしまった。行く当てもなく権三郎は九州に向かう船に乗り込む。赤間ヶ...

続きを読む

7月7日 本牧亭講談会@御茶ノ水(主任:すず)

 この会に二ツ目として「いちか」さんが出演するのは初めて。★★★本牧亭講談会(13時00分開演 御茶ノ水・太陽)●一龍斎貞奈 義経と静御前●田辺一乃 関口武勇伝 殿様の月下氷人(げっかひょうじん) ◇【あらすじ】奥州・二本松11万石の殿様、丹羽左京太夫の家来で関口頼母(たのも)という者がいた。関口流の柔術の達人である。妻と倅の弥太郎と3人暮らしであったが、間もなく妻に先立たれる。弥太郎は元気な子に育つが心持があ...

続きを読む

7月6日 本牧亭講談会@御茶ノ水(主任:すず)

 一邑先生の新しいお弟子さん、一記(かずき)さんが、本日はなんと初高座!★★★本牧亭講談会(12時59分開演 御茶ノ水・太陽)●田辺一記 三方ヶ原軍記【初高座】 ▽一記さんはオカッパ頭の小柄な女性。初高座はつかえもほぼなく、声量もあり堂々とした上々の出来でした。●田辺一乃 クーベルタン男爵と東京オリンピック ◇【あらすじ】ピエール・クーベルタン男爵はフランスの貴族の子供として生まれる。若い頃は神学校、士官学校...

続きを読む

6月28日 貞水「宇都宮釣天井」@湯島

 今晩はやたらと外を緊急車両が通り、その音が耳に付く。左手に座ったオレンジ色の服を着たオヤジがやたらと咳き込む。雑音の多い(もちろんそんなことで動じないが)今回の会であった。★★★一龍斎貞水連続講談の会(18時31分開演 湯島天満宮参集殿)●一龍斎貞橘 小猿七之助 永代橋●一龍斎貞友 神田松五郎~少年時代 <仲入り>●一龍斎貞水 宇都宮釣天井(第6席 大団円) ◇【あらすじ】江戸城から使者の安藤右京が宇都宮の城...

続きを読む

6月17日 講談きゃたぴら@連雀亭(真紅、いちか、梅湯)

★★★講談きゃたぴら(神田連雀亭 13時28分開演)●神田真紅 燭台切光忠 ▽現在、新宿末広亭では陽子先生が主任を務めている。末広亭で女流の講談師が一人でトリを取るのは初めてだそうである。●田辺いちか 安政三組盃(第3話)お猿子嘉吉 神田今川橋の材木問屋、津ノ国屋の一人娘であるお染は、秋田藩大名の佐竹右京太夫に見初められ、側室になる。しかしお染はどうにもこの殿様が気に入らない。ある日、酒に酔った勢いで啖呵を切り...

続きを読む

6月16日 すず「笹野名槍伝」ほか@巣鴨、凌鶴の会@新宿

★★★神田すず勉強会(13時31分開演 巣鴨・スタジオフォー)●田辺凌天 加藤清正 屏風の使者●神田すず 笹野名槍伝「海賊退治」 ◇【あらすじ】大坂で妹のウメと再会した笹野権三郎。紀州にいる父親が種田五郎左衛門と赤川又八によって殺されたと知る。権三郎はウメと共に仇討のための旅に出る。東海道を下って戸塚宿の幸手屋という宿に泊まるが、ゴマの灰にだまされ全ての金を奪われる。ウメを質草として宿に残し、権三郎は一人で...

続きを読む

6月15日 梅湯「古市十人斬」他@駒込

★★★宝井梅湯講談会(14時02分開演 駒込落語会)●宝井梅湯 古市十人斬(第13話・最終回)貢十人斬り ◇【あらすじ】【あらすじ】大坂の青江源三郎の道場に江の頭源右衛門の手下の者たちが押し入り、妻に乱暴をする。源三郎は賊どもを追い払うが、妖刀村正を手にした源三郎は血迷って、そこへ現れた捕り手の役人たちを次々に斬り殺してしまう。源三郎は切腹することになり、彼の倅である貢は、志摩国・鳥羽の加藤金之助の元に嫁いで...

続きを読む

6月9日 阿久鯉「水戸黄門記」、梅湯「新吉原百人斬り」

★★★神田阿久鯉 水戸黄門記を聴く会(第5回)(四谷・須賀神社 14時30分開演)●神田久之介 三方ヶ原軍記●神田久太郎 甲越軍記 謙信の塩送り●神田阿久鯉 水戸黄門記(第5回・前編)光圀、木盗人だと間違えられる◇【あらすじ】水戸光圀公は家督を甥の綱條(つなえだ)に譲り、自らは常陸太田の在、西山村に隠居する。世話をする者は数人だけで百姓仕事をしながらのわび住まいである。そこへある夜、松雪庵元起(しょうせつあんげんき...

続きを読む

6月2日 本牧亭講談会@御茶ノ水(主任:星之助)

★★★本牧亭講談会(御茶ノ水・太陽 13時00分開演)●神田伊織 わんぱく竹千代●神田すず 笹野権三郎 魚屋新八との出会い●田辺一乃 小猿七之助 発端 <仲入り>●柳家緑君 宮戸川 ▽マクラが面白かった。志ん橋師匠の元に稽古に伺った際に昭和の名人・古今亭志ん生の様々なエピソードを聞く。志ん生に稽古を付けてもらうと「エー一席お笑いを申し上げます」だけで3日もかかる。志ん生が言うには「エー」が良くないらしい。志ん生...

続きを読む

6月1日 本牧亭講談会@御茶ノ水(主任:鯉風)

本日の出演者は前座を入れて6人でいつもより1人多い。★★★本牧亭講談会(御茶ノ水・太陽 13時00分開演)●田辺凌天 鬼児島弥太郎使者●神田こなぎ 浪花のおとき 三好屋との出会い●神田すず 木津の勘助●田辺一乃 赤穂の早打ち <仲入り>●鈴々舎八ゑ馬 長短●神田鯉風 細川の青竹の水仙 (15時31分終了)講談の情報ページ『講談るうむ』はここをクリック...

続きを読む

5月31日 貞水連続の会「宇都宮釣天井」@湯島天神

★★★一龍斎貞水連続講談の会(18時32分開演 湯島天満宮参集殿2階)●一龍斎貞橘 明智左馬之助 湖水乗っ切り●一龍斎貞友 出世の大盃 <仲入り>●一龍斎貞水 宇都宮釣天井(第5席)本多上野介の召し捕り ◇【あらすじ】本多上野介は自らが世話をした国松君を次の将軍にしようと画策するが、願い叶わず兄の竹千代が三代将軍家光となる。家光は日光御社参のため、上野介が治める宇都宮の城に一泊することになる。家光を恨む上野介は寝...

続きを読む

5月28日 三商講談会@清澄庭園(主任:貞弥)

★★★三商講談会(第42回)(17時45分開演 清澄庭園涼亭)●一龍斎貞奈 猿飛佐助誕生●宝井梅湯 佐倉義民伝 島屋源兵衛 <仲入り>●一龍斎貞弥 御竹如来 (19時00分終了)講談の情報ページ『講談るうむ』はここをクリック...

続きを読む

5月22日 宝井一門会@上野広小路亭

 今日は朝から大きな荷物を持ちながら都内各所を巡る。ヘトヘトになった身体を引きずって会場へ。★★★宝井一門会(17時50分開演 上野広小路亭)●田辺凌天 矢取勘左衛門●宝井梅湯 本能寺の変●宝井琴柑 源平水島合戦●宝井一凛 清水次郎長伝 お民の度胸●宝井琴星 山本官兵衛の生い立ち <仲入り>●宝井琴嶺 朱雀門●宝井琴梅 夜もすがら検校 (21時02分終了)講談の情報ページ『講談るうむ』はここをクリック...

続きを読む

5月21日 一乃真打昇進披露興行@本所

★★★田辺一乃真打昇進披露興行(本所地域プラザ BIG SHIP 14時01分開演) 講談協会の二ツ目、前座が総出演(ただし銀冶さんは休演)。しかも二ツ目ひとり当たりの持ち時間はたっぷり30分。開演から終演まで6時間もあるという長丁場でした。●神田伊織 岩見重太郎 狒々退治●一龍斎貞奈 木村又蔵 鎧の着逃げ●田辺凌天 秋色桜●神田こなぎ 水戸黄門漫遊記 <仲入り>●田辺いちか 宮本武蔵後日の仇討 伊勢土産●一龍斎貞鏡 名月若...

続きを読む