記事一覧

9月18日 朝練講談会(梅湯&春陽)、こなぎ勉強会@雑司が谷

★★★朝練講談会(お江戸日本橋亭 9時31分開演)●宝井梅湯 関東七人男 猪之松の最期 ◇あらすじはこちらのページ→http://koudanmemo.blog.fc2.com/blog-entry-24.html ▽昨日も聞いた話だが、よく聴き込んでみると30分に収めるため、枝葉の部分をかなり刈り込んでいることが分かる。●神田春陽 徳川天一坊 龍の夢 ◇あらすじはこちらのページ→http://koudanmemo.blog.fc2.com/blog-entry-25.html ▽将軍家乗っ取りを謀り、次々と悪...

続きを読む

9月17日 梅湯講談会@駒込、凌鶴の会@永谷新宿

 本日の一番のお目当ては、梅湯さんの「大前田英五郎」。国定忠治と並ぶ上州の侠客で、前橋市内に2箇所、墓があるという。是非これは行くべしと地図で場所も調べてある。ローカル電車の乗り継ぎを含め、なかなか魅力的な旅になりそうなのだが、面倒くさいことは後回しにという性格がたたって一向に実現していない。 出掛けに慌てて、最近履き慣れているウォーキング用の布の靴で外出してしまう。軽くて歩きやすいいい靴なのだが...

続きを読む

9月15日 貞水連続講談の会『仙石騒動』@湯島天満宮

 「逐電」を「ちくてん」と読むと覚えていた私だが、今日このブログを記していてIMEで変換できない。調べてみると「ちくてん」とは古い読み方で、現在では「ちくでん」と読むのがふつうだとの事。なぜそんな古い読み方で覚えていたのか、今となっては謎である。★★★一龍斎貞水 連続講談の会(湯島天満宮 参集殿2階 18時30分開演)●一龍斎貞水 仙石騒動(第4席)松井右近、手形の槍(16時30分より 前回口演分のプロジェクター上映...

続きを読む

9月13日 こまつ座『円生と志ん生』@紀伊國屋サザンシアター

 演劇というものをほんのたまにしか見ない私だが、落語ファンとしてこの「円生と志ん生」は是非見たいと思っていた。2005年の初演で、またNHK-BSでも以前放送されたがいづれも見逃してしまっていて、やっとその望みが叶う。それにしても、落語や講談で3000円でも高いと思っている私にとって、9000円の出費とはまさに清水の舞台から…。少しも見逃してはならじと体調を万全にして鑑賞に臨みます。★★★こまつ座119回公演『円生と志ん...

続きを読む

9月10日 朝練講談会(いちか&貞橘)、本牧亭講談会@御茶ノ水

 「▽」という記号を「さんかく」と入力して変換するのだが、なぜか「さいあく」と入力してしまった。別に「▽」を嫌っているわけでもないのだが。★★★朝練講談会(お江戸日本橋亭 9時30分開演)●田辺いちか 出世高虎 ▽昨日は本牧亭講談会で途中まで。今日は最後までキッチリと。真打の方もふつうに演じる話で、いちかさんも以前からよく掛けていました。前座4年目に入りこういう本寸法の話を高座に掛ける機会もますます増えてく...

続きを読む

9月9日 本牧亭講談会@御茶ノ水

 前日、9月8日は凝りもせず、茨城県大洗町を旅行しました。朝8時前から午後6時まで町内を歩き詰めというボリュームたっぷりの旅で、このブログに記すのも大変そうです。この旅の記事については折をみてここに掲載します。 さて、今日は御茶ノ水での本牧亭講談会の日。本日そして明日と会の主催者も会場の貸出人もいないという不思議な会。「秘密クラブ」と呼ぶ芸人さんもいる。それでも常連さんに普段はお見えにならない方とお客...

続きを読む

9月6日 福島県富岡町の旅

 今日は、名所・史跡巡りの旅でなくカッコつけて言えば「社会派」の旅である。福島県双葉郡富岡町は福島第二原発の立地する町で、事故を起こした福島第一原発の南10kmほどの場所に位置する。避難指示解除準備地域・居住制限区域に指定されていたが、今年4月1日に解除され、立ち入ることも居住する事も自由にできるようになった。鉄道の方も復旧工事が進み、今年の10月21日には常磐線富岡駅までの運転が再開される見込み。それでも...

続きを読む

9月4日 名所・史跡巡り 御殿場線編

 御殿場線は、神奈川県「国府津」駅と静岡県「沼津」駅を結ぶ路線。新幹線停車駅である「小田原」「三島」を全く無視するような形で走るのが面白い。鉄道ファンでなくても良く知られた話で、現在の御殿場線は元は東海道本線の一部で、東京・名古屋・大阪・神戸を結ぶ日本随一の大幹線であった。それが昭和9年に丹那トンネルが開通して熱海を通るルートに東海道本線は移動。国府津・沼津間の旧ルートは御殿場線というローカル線に...

続きを読む

9月3日 謝楽祭、神田すず勉強会@両国亭

 今日は朝10時から年1回の落語協会のお祭り「謝楽祭」。今年は夏の終わりが早いようで、暑さもそこそこ。天候にも恵まれ、人出も例年以上だったように思われます。お目当ては、宝井琴調、宝井琴柳先生の牛タン屋。お手伝いは宝井琴柑さん。列に並ぶと講談の会での常連さんも散見。焼き立ての牛タン、美味しくいただきました。★★★神田すず勉強会(お江戸両国亭 13時01分開演)●宝井琴屯 井伊直人●神田すず 笹野権三郎 権三郎と...

続きを読む

9月2日 横浜市 杉田から富岡までの名所・史跡巡り

 9月2日、朝と夜は講談、日中は横浜市の杉田(磯子区)から富岡(金沢区)の名所・史跡をブラブラ巡りました。横浜といえば、市の中心部は年中観光客で賑わい、少し行けば鎌倉というこれまた日本を代表する観光地がある。少し知名度は下がるが、金沢文庫もすぐ近くにある。今日はそれらを敢えて無視し、横浜市南部の住宅街や公園の中に残る、歴史ある場所を訪れた次第です。 京浜東北線(根岸線)に乗り新杉田駅で下車。この駅を...

続きを読む

9月2日 琴星一門会@日本橋亭、貞橘独演会@木馬亭

 先週の日曜日と同じパターンで、朝と夜は講談、昼間は近場の名所・史跡巡り★★★朝の琴星一門会(9時32分開演 お江戸日本橋亭)●宝井琴屯 井伊直人●宝井琴柑 金色夜叉 ▽許嫁の仲であった間貫一と鴫沢宮との別離を描いたあまりにも有名な話。以前は盛んに映画や芝居で上演されたそうだが、実は私は話の内容をあまり分かっておらず、「ダイヤモンドに目がくらんだか」という台詞と、銅像にもなっている貫一がお宮を蹴とばすシーン...

続きを読む

二代目神田山陽先生出演映像が放送される

 その昔、NHK総合テレビで日曜日の夜に「お笑いオンステージ」という番組が放送されていましたが、人気番組だったのである程度以上の年代では記憶にある方も多いと思います。私も小学生の頃、この番組をお茶の間で家族一緒に見ていました。 その中の後半のコーナー「減点ファミリー」で二代目神田山陽先生が出演された回の映像が、先の8月27日に「あの日あのときあの番組」という過去の懐かしの映像を放映する番組でオンエアされ...

続きを読む

8月27日 武蔵国分寺史跡巡り

 中央線の国分寺駅は学生時代3年間、乗換駅として利用したのですが、駅から改札口を出て街中を歩いたのはおそらく数度、食事のためかレンタルビデオ屋に立ち寄るか、そのくらいでした。毎日、漫然と日々を過ごしていたあの頃。駅の名の通り、武蔵国の国分寺が所在する地なのに、そこへ行かないとはなんとももったいない時間の使い方をしていたのだろうと今さらながらに思います。 そして昨日、朝と夜の講談会の合間に、長年の時...

続きを読む

8月27日 朝練講談会、凌鶴 ザ・ベスト@新宿

 風邪の症状はかなり和らいできたものの、まだ旅行に行けるほどでは無いということで、本日は朝と夜に講談を聴き、日中はお手軽に都内の史跡巡りをして1日を過ごしました。★★★朝練講談会『前座勉強会』(お江戸日本橋亭 9時20分開演)●田辺いちか 龍馬とおりょう ◇慶応2年1月。京都・伏見の倒幕を目指す志士の集う寺田屋。坂本龍馬は三吉慎蔵にこの宿の女中のおりょうと夫婦になりたいと語るが、三吉は「あんな気の強い女は...

続きを読む

風邪をひきました

 人間は過去の失敗からそれを教訓に2度と繰り返すまいと学習のできる生き物である。が、愚かな失敗をして何が原因でなにがいけなかったのか分かっていながら、また同じ失敗を繰り返すというのも人間の偽らざる一面である。 毎年、この時季になると必ずといっていいほど風邪をひく。クーラーを付けたまま寝込んでしまい体調を崩してしまうのだが、今年もやってしまった。鼻がつまり物事に全然集中できない。と思ったらゲホゲホひ...

続きを読む